CHOIR

2011年06月15日

Happy 51th Birthday,Andre'!

Andre 51.jpg

ダニエル・ケーソン師より素敵なメッセージが届きました。
愛するアンドレの誕生日を日本からも盛大に祝いましょう。
方法はこのメッセージの最後のほうにあります。

****************

祝!
来週 金曜にアンドレ牧師の51回目の誕生日を祝います。
ぜひ日本のFamily&Friendsのみなさんも共に祝いましょう。
こちらのアラバマTPW Family&Friendsは一人51ドルを集めています。
そこで日本の皆さんにも5100円(もちろん それより多くてもいいのですが)を分かち合いませんか。
(10%をアンドレに、そして残りを ミニストリー JapanFire6のために、
またJapanFire4、と5のレコーディングの完成のために使いたいと思います。)

この計画に参加される方は、送金と共に、ぜひ誕生日のメッセージを添えてください。
そして、バースデイバンケットのプログラムにあなたのお名前を載せたいと思います。

6月20日月曜までにお願いします。

ダニエル・ケーソン


***************

ケーソン師はアンドレと最も近しい、信頼する友人で、昨年JF4で来日されたすばらしいミュージシャン、ピアニスト、牧師です。
Briarwood Presbyterian Church(4000人の教会員の教会)の音楽牧師として、
またご自身のミニストリー、KIDS Christian Music Center 、
Bread of Life Food Pantry(毎月400人の貧しい方に食事を提供。)で活躍されています。

彼の呼びかけに 日本にいる私たちもこたえ、共に祝いましょう!! 

方法は以下のようです。

*まずメールでメッセージを!
tpwjapan@gmail.comまで。
バンケットプログラムに掲載してほしい名前をアルファベットで書いてください。

*送金を日本TPWリエゾン口座へ。
三菱東京UFJ銀行
猪子石出張所 普通 3528761フルタ ヒロノブ
posted by TPW JAPAN at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Information(お知らせ)

2011年06月09日

あなたの主人はだれですか?

110607.gif

イザヤ6章
ウジヤ王が死んだ年に私は高くあげられた王座に座しておられる主を見た。
その裾は神殿に満ち、セラフィムがその上に立っていた。
彼らはそれぞれ六つの翼があり、おのおのその二つで顔をおおい、
二つで両足をおおい、二つで飛んでおり、互いに呼びかわして言っていた。

「聖なる、聖なる、聖なる、万軍の主。その栄光は全地に満つ。」
その叫ぶ者の声のために、敷居の基はゆるぎ、宮は煙で満たされた。

そこで、私は言った。
「ああ。私は、もうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、
くちびるの汚れた民の間に住んでいる。
しかも万軍の主である王を、この目で見たのだから。」

-----------------------------


多くのクリスチャンはイエスを‘死んでくださった救い主’と理解しています。
あのカルバリの丘でイエスがなさってくださったことを私たちは知っています。
イエス自身には全く罪がなかったのに、世界中の罪のため、十字架にかけられ、
血を流し、死んでくださいました。
しかしながら、ほとんどのクリスチャンは、イエスを自分自身の‘主人’とは受け入れていません。
もし彼が‘主人’であるなら、私たちは‘主人’に従わなければなりません。

私たちは、民主主義社会に生きています。
クラブ、市民団体、クワイヤ、ときに教会でさえも多数決原理に基づき構成されています。
教会や、教会に属する組織は、移り気な多数原理よりも、
むしろ神の原理により支配されるべきであるという事実を、
多くの場合、口にできずにいます。

教会は 決して、民主制でなく、むしろ君主制(王政)なのです。
イエスが王の王、また主の主であり、彼ご自身が教会を支配されるのです。
教会は私達のものではなく、主ご自身のものなのです。
主は自らの血でもってそれを手に入れられたのです。

イザヤはウジヤ王の時代に生きました。
イザヤは名家に生まれ、ウジヤ王に召されました。
疑いなく、彼の王との交わりは誉れ高く、特権的なものでした。
しかし神はイザヤの名誉と特権に、ウジヤ王の死という形で、踏み込まれました。
後ろ盾ウジヤ王の死は、イザヤにとって同時にその特権の喪失でもあったのです。
ウジヤ王の死んだ年、イザヤはついに、神の幻を見ることにより、
神=アドナイ(ヘブライ語で主の主、支配者、所有者)に出会いました。
神は ただ単にジェホバ・ジャイラ(やしない主)ではなく、
ただ単にジェホバ・シャローム(平和の主)ではありません。
神は、アドナイ=主の主、支配者、所有者であり、高くあげられた王座に座し、
その裾は神殿に満ちているのです。

同時に、私たちは神の栄光を見るとき、自分自身の欠点、短所、失敗に気付かされます。
イザヤが「ああ。私は、もうだめだ。
私はくちびるの汚れた者で…..」と嘆いたようにです。

みなさんに2つの質問があります。
あなたのウジヤ王は死にましたか? 
主イエスがただ救い主だけでなく、あなたの主人となるには、
あなたのウジヤ王(あなたを支配し特権をもたらすものや人)が死ぬまで待つのですか? 

次に、あなたはイエスをあなたの主として、またあなたの人生、希望の最高権者として認めますか? 
もしまだなら今日、イエスをあなたの人生の主と定めましょう。


/////////////////////////////////////////////
このマナモーメントはアンドレ・レイノルズ牧師TPW International Ministries.. によって提供されています。

祈りの必要な方 は205 790-6321または 205 790-6321 に電話してください。
, emailはtpwMinistries@aol.com に題名‘Prayer’と記してください。またはhttp://tpwMinistries.org/prayer にメッセージを残してください。
日本語での祈りのリクエストは.
tpwjapan@gmail.com (担当古田)まで。


//////////////////////////////////////

Isaiah 6
In the year that king Uzziah died I saw also the LORD sitting upon a throne,
high and lifted up, and his train filled the temple.
Above it stood the seraphims: each one had six wings;
with twain he covered his face, and with twain he covered his feet, and with twain he did fly.
And one cried unto another, and said, Holy, holy, holy, is the LORD of hosts: the whole earth is full of his glory.
And the posts of the door moved at the voice of him that cried, and the house was filled with smoke.
Then said I, Woe is me! for I am undone; because I am a man of unclean lips,
and I dwell in the midst of a people of unclean lips: for mine eyes have seen the King, the LORD of hosts.


Most Christians have an understanding of Jesus as the dying Savior.
We know of the work He did in the cross at Calvary.
We believe he bled and died for the sins of the world, even though He was sinless.
Unfortunately, most believers do not accept Jesus as the Lord their Lord.
If He is Lord, then we MUST obey his mandates.

We live in democratic societies.
We organize our clubs, civic organization, choirs and even churches on the precept that the majority rules.
Many times we do not even address the fact the church, and organizations that belong to the church
should be run on the precepts of God rather than the whims on majorities.
The church is NOT a democracy but rather a monarchy!
Jesus is King of Kings and Lord of Lords and He reigns over His church. It does not belong to us, but Him!
He purchased it with His own blood!

Isaiah lived during reign of King Uzziah. He was related to Uzziah and came from a prominent family.
No doubt, his relationship to the king provided him with prestige and privilege.
However, God interrupted Isaiah’s prominence and privilege with the death of his benefactor, King Uzziah.
When Isaiah’s benefactor was taken away, so were his benefits.
It was during this mourning (the year King Uzziah died) that Isaiah finally saw the LORD (Adonai) as his supreme ruler!
He was not just Jehovah Jireh, the provider; he was not just Jehovah Shaloam, the giver of peace.
He was now Adonai, the exalted one, the King who sits upon the throne and His train filled the temple!
Whenever, we see Jesus in His glory,
we immediately realize our own shortcomings, our faults and failures,
our lack, the areas in our life where we miss the mark!
Isaiah declared, Woe is me for I am a man of unclean lips…

I have two questions for you today.
Has your Uzziah died (the person or thing that serves as your benefactor)?
If not, will you wait for him or it to die to make Jesus more than Savoir, but Lord?

Secondly, Do you seen Jesus as Lord or supreme authority over your life, your will, your way?
If not, make Him Lord of your life, today!