CHOIR

2015年08月25日

Andre' Reynolds牧師

_GMWC2009_1465.jpg

アンドレ・レイノルズ
Andre’ Reynols

1960年人種隔離法の残るアラバマ州アニストンに生まれる。父はキング牧師とともに公民権運動に深くかかわったDr.ニムロッド・レイノルズ(2013年没)。
アラバマ大学でコンピューターサイエンスを専攻。22年間IT業界で活躍する一方、1993年父レイノルズ牧師により、音楽牧師として按手を受ける。16番通りバプテスト教会(バーミングハム)など多くの教会で奉仕。ミュージックディレクターとしてゴスペルクワイヤ、シンガーらの指導を行う。1997年TPW International Ministriesを設立。3枚のCDに加え、日本でのライブ録音”Japan Fire 1?4”をリリース。2011年東日本大震災直後に来日し、日本各地でのチャリティコンサート、東北での支援コンサートなどを行う。TPWとしてイタリア、アイルランド、インド、タンザニア等アフリカ諸国にゴスペル音楽と聖書の福音を携えて訪問。インドでは孤児院の支援などを行っている。
アメリカ黒人史に造詣が深く日本においてはゴスペルの歴史に関するトークが好評。
<著書>
「アンドレさんのゴスペル料理帳」(2012年セルバ出版)、「ミュージック・コールド・ブラック」(2013年アルファプレス)

<CD>
Prayer Did It, Power in the Blood, I will Bless the Lord, Japan Fire 1(Tokyo), Japan Fire 2(Nagoya), Japan Fire3(Tokyo), Japan Fire 4 (Fukuoka), We Shall Overcome(Voices of Vision, ゲスト出演)

<メディア等>
ピーター・バラカン氏との対談(2013年)、2015年より教育芸術社監修の教科書準拠「小学生の音楽鑑賞・表現」映像教材にゴスペルを歌うシーンが収録されるなど活動は多岐にわたっている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162217696

この記事へのトラックバック